記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣聖ジゲン史③ ネクラ剣聖ジゲン (1) デッキ解説

新殿堂とかメモリアルパックとかに踊らされてた週末だった。



前回の続きから。
2015年12月、ドキンダムXの登場。
新ギミック「封印」が追加された。

控えめに言ってキレそう。
今まで組み立ててきた受けギミックが完全に崩れ去った。
バラディオスがいようがヴァルハラグランデがいようが、「無視」されてしまう。

そしてこの向かい風に拍車をかけたのが、環境の大変化だった。
ドキンダムの投入に伴うレッドゾーンの大幅な増加と、
それに強くメタを張れるアナデッゾ、赤緑サンマッドの興隆。

年が明けた1月までは、トリーヴァ剣聖ジゲンで頑張った。
まあ勝てない。まずバイクが無理。
トリガーがそもそも5、6枚しかないのに受けられるはずがない。
万が一受けられたとしても、ドキンダムが重く圧し掛かってくる。
サンマッドは速度的になおさら無理だった。
唯一まともに勝負できたのがアナデッゾという体たらく。

さすがになんか新しいデッキを組まなきゃ勝てない。
そう思い立ってからは早かった。

「ネクラ剣聖ジゲン」

IMG_2026.png

〇メインデッキ解説
要するに白黒ドラグナーみたいな感じ。
緑を入れることで各種ドラグナーへのアクセスを早めるとともに、
安定性を高めようとしたんだと思う。
ドローソースは相手のシールドブレイクとかいうイかれた発想。

エンドレスヘブンを張るのが1つのゴール。
そこからは、ゴートゥーヘルの龍解とかS・トリガークリーチャーの自壊とかで盾の枚数をキープしつつ、ドラグハートを展開、剣聖ジゲンにつなげる。
もしくは禁断解放まで受けきって、ドキンダムに除去を当てる!

〇パーツ解説 
 ・ジャスミン、フェアリーライフ
  初動は8枚。一応エンドレスヘブン張ってからは、ジャスミン自壊で盾が増える。

 ・フェニックス・ライフ
  盾を増やしながらマナが伸びたら強いよ。

 ・トリガ・トリカマ
  かわいい。
  コスト5以下のファンキーナイトメアで、S・トリガーついてて防御札になるのがコイツしかいなかった。

 ・マッスル・ポテト
  加速できるS・トリガー。生き物でもあるからエンドレスヘブンの盾追加の種にも。

 ・ボルメテウス・ホワイト・フレア
  手打ちできて6000焼きもできるスパークは強いんだって。
  主な役割は色。

 ・ナチュラル・トラップ
  手打ちも視野に入る除去。罠の超人が出た後は差し替えた。
  デッゾとかには特に有効。

 ・龍覇ウルボロフ
  今回のドラグナーその1。ヘルボじゃない理由は6コストである点。後述するハチャトゥリアンとの相性。エンドレスヘブン配置時に、ゴートゥーヘルで除去しながら盾追加できるムーブはとてもよかった。

 ・凶殺皇デス・ハンズ
  S・トリガー、生き物、除去。以上。

 ・龍覇セイントローズ
  ドラグナーその2。まずはエンドレスヘブン。ブロッカーになる点で、ロージアよりも相性が良い。

 ・魔龍バベルギヌス
  cip持ちのドラグナーがこんだけいたら弱いはずがない。
  墓地からも釣ってこれるし、一応破壊してるからエンドレスヘブンとも相性良し。

 ・恐・龍覇サソリスレイジ
  ドラグナーその3。ジュダイオウはそれなりに優秀な蓋。
  ジュラピルは長期戦だと効く。

 ・獰猛なる大地
  ドラグナー展開と除去が同時にできて弱いはずがなかった

 ・偽りの王ハチャトゥリアン
  超BBPから採用。
  一目見た時からものすごく優秀だと思ってた。
  というのも、コスト6,7,8どれかに当てれば、こっちはドラグナーを展開できる。
  レッドゾーンを破壊すればウルボロフ。
  ヘルボロフやサイクリカを破壊すればセイントローズ。
  等々、このデッキのやりたいこととことも噛み合ってくれた。
  この後も長い付き合いになるカード。

 ・閃光の守護者ホーリー
  S・トリガー、生き物、スパーク。以上

 ・覚星龍界剣聖ジゲン
  38枚のカードたちはこの2枚のためにある

〇超次元ゾーン
 ・革命槍ジャンヌ・ミゼル
  生き物防御札として。盾を増やしながら数体止められるし。

 ・悪夢卍ミガワリ
  ウルボロフから出せるフォートレス、優秀なのがこれしかなかった。
  黒単とかと長期戦してると、こいつで山回復してトップ操作とかすることもあった。

 ・滅殺刃ゴー・トゥ・ヘル
  デッキの基軸のひとつ。エンドレスヘブンとの噛み合いで、盾追加と除去を同時にこなす。

 ・百獣槍ジャベレオン
  盾の枚数をある程度操作しながら立ち回れるデッキなので、このカードも使いやすかった。

 ・獄龍刃ディアボロス
  墓地回収したいとき。滅多に使わなかった。

 ・真聖教会エンドレスヘブン
  基軸。盾を増やして受けきる。ゴートゥーヘルと同時に使うときは、処理順を変えることで、ネバーエンドへの龍解を選択できる。

 ・卵殻塊ジュラピル
  長期戦でおいておくとマナから剣聖ジゲンが投げられるぞ!

 ・恐龍界樹ジュダイオウ
  サンマッド絶対殺すマン


こんな感じだけど、結論から言うとこのデッキ、めっちゃ弱かった。
だってバイクしか見てない。対アナデッゾとか勝率がかなりひどかった。
サンマッドもまあ、まに合わない。
1回CSで握ってそれを察して終わった。

とりあえず、環境の見方ってものを学べたデッキだった。
何かに勝てないからといって、ただそれだけにメタを置くのでは勝てない。
メタの置き方をもっと考えなければならない。

一応、次回で戦績はまとめることにします。

今回はこんなところで。




…え?関東CSでこれを握っていた?
いやいやいや。
その日はみんなでデュエデミー剥いて
一日で宝剣3枚剥いた人を見た記憶しかない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。